借入前にするキャッシングの比較

普段、何げなく生活をする上にはとくに金銭的にはなにも問題のないというかたが多いことでしょう。
それでも友人の結婚式に招かれたり、急に入院を余儀なくされるなど、突然出費が舞い込むことがあります。
思いがけない出費が発生した時に、それに耐えられるだけの貯金ができていればいいわけです。
しかしそれほど十分に著君のできないまま生活を送っているということも多いものです。
継続的に発生する出費の場合は、その出費を食い止めることや暮らしの在り方を見直すことなど、より全体的に踏み込まなければならないことでしょう。
しかし一時的な出費を何とかしたいということも暮らしの中にはよくあるものです。
そんな時にはキャッシングを上手に利用するととても便利になります。
どうしても借入の経験がないと、借入をすることがとても不安なもので、できれば避けようと無理をしがちです。
しかし簡単な審査ですぐに融資を受けられることをおもうと、そのほうがはるかに精神的にも楽になります。
どうしてもごく一部の多重債務になってしまった方の印象を一般の方は持ってしまい、本来の便利な使い方すらできないでいるという面もあります。
キャッシングを利用するのなら、必ずその前に比較をしておくようにしたいものです。
どこで借入をしても同じというものではありません。
借入や返済の条件は異なりますので、できるだけ負担の少ないところを選ぶようにする必要があります。
短期間の借入なら無利息期間のあるところもありますし、そこまで出なくともかなり金利の低くてトータルの返済額を少なくできるところもあります。
比較をして使いやすいキャッシング会社をまず選ぶことからはじめるようにしましょう。

KDDIが電力小売り事業に参入へ

auを展開する大手通信事業のKDDIが、マンション向けの電力小売り事業へ参入するとの情報が入ってきました。

携帯電話と電力の小売り…全く共通点がありませんが、なぜKDDIがこの事業に参入したのでしょうか?

…そこまではまだ分かっていませんが、電力小売りと全く関係の無いKDDIが参入したということはすごく儲かる事業なのでしょうか?

確かに、最近はこの電力の小売りがすごく注目されていていますよね。

ただ、調べたところによるとマンション向けの電力の小売りには一つ大きな問題があるようです。

それは…

マンションの住人全員の承諾が必要だということです。

どういうことかというと、マンション自体が一括受電に切り替えるには全戸の部屋のオーナーの承認が必要になるということです。例えば50戸の部屋があったとして、49戸が賛成だとしても1戸が反対を出せば一括受電出来ない…つまり電力の小売りが出来ないということになってしまうそうです。

電力の小売りで売上げが落ちることが想定されるのは東京電力などの大手電力会社です。この会社の社員が一人でもマンションに住んでいればきっと反対するでしょうね。賛成すれば自社の売り上げや株が下落してしまうのですから…。それはつまり自分の給料も下がるということですし、最終的には雇用にも影響してきますからね。

もしかしたら、大手電力会社はこのことを想定して、多くの戸数を擁するマンションに社員を住ませている可能性もあるのではないでしょうか。たった一人の決でマンション全体の意見を覆すことが出来るのなら住宅手当なんて安いものですし…。

今後この電力小売り事業がどのような展開を見せてくれるのか要注目ですね。

すぐにお金が必要なら消費者金融も良い

すぐにお金が必要なら消費者金融も良いと思います。
消費者金融と聞くと聞こえが悪く、悪徳業者と思われますが、
銀行の傘下に入っている消費者金融などは最近では金利に関しても
対応に関してもかなり良くなっています。

なので大手の銀行傘下の消費者金融なら今すぐお金が必要な際に利用する価値は十分にあると思います。

大手の消費者金融のメリットは銀行と比べて審査の速度が圧倒的に早い事です。午前中に申し込み手続きを終了させれば即日融資も可能です。

お金が必要な時ってすぐにお金を借りたいと思うものですがそのニーズを満たしてくれるのが大手の消費者金融のメリットと言えるでしょう。

もちろん銀行系のカードローンなどと比べると金利が若干高いなどのデメリットもありますがその分審査も通りやすい傾向にありますし、危険度も高くありません。

なので大手の消費者金融に限ってはお金を借りるという選択肢は十分視野に入れておいて良いでしょう。

ただマイナーで金融業の免許だけ持って違法な金利を請求してくる業者もあるのでそういったところには注意しなければなりません。

綺麗な仮面をかぶった闇金業者ですから。
消費者金融をりようするのなら絶対に大手で銀行の傘下にはいっているところを利用するようにしましょうね。

お金が必要という気持ちはわかりますが業者選びというのは非常に重要なのです。ちょっと焦ったばかりに最悪の結末になったということにならないように注意することが大切です。

最近の金融事情を知るべし

年々、金融事情というものは変わるものです。 分かりやすい例でいえば金利などですね。

その昔、商工ローンなどはグレーゾーン金利(29% – 40%)が横行して、金融業社サイドが勝利を続けていたのですがシティズ判決(2006年1月13日に最高裁第二小法廷)によりみなし弁

済の余地が一切なくなり、その後過払い金返済ブームが起きたんですね。

今では利息制限法の規定の範囲内での金利になっています

元本が10万円未満の場合:年20% 元本が10万円以上100万円未満の場合:年18% 元本が100万円以上の場合:年15%

まぁ融資を希望する人にとってはありがたい話ですが、金利の引き下げによって金融業者が安易にお金を貸せなくなりお金を借りることが出来ないといった現象も生じています。

なぁ金利が高いのは問題ですが貸す側が貸せないようになるのも問題ですね。 丁度良いバランスを見つけることが今後も必要となってくることでしょう。

日本の金利はどうなんでしょうね。他国を見ると面白いです。

ちなみに韓国は年利49%ですからね。(2007年までは66%) でもこれくらいの方が経済は回るんでしょうね。

もちろん弊害が非常に高いのは言うまでもありませんが。

世界の金利を調べたり、金融関連の法律などを調べることは非常に有意義で楽しいですよ。是非とも最近の金融事情をみなさまにも知って頂きたいものです。