すぐにお金が必要なら消費者金融も良い

すぐにお金が必要なら消費者金融も良いと思います。
消費者金融と聞くと聞こえが悪く、悪徳業者と思われますが、
銀行の傘下に入っている消費者金融などは最近では金利に関しても
対応に関してもかなり良くなっています。

なので大手の銀行傘下の消費者金融なら今すぐお金が必要な際に利用する価値は十分にあると思います。

大手の消費者金融のメリットは銀行と比べて審査の速度が圧倒的に早い事です。午前中に申し込み手続きを終了させれば即日融資も可能です。

お金が必要な時ってすぐにお金を借りたいと思うものですがそのニーズを満たしてくれるのが大手の消費者金融のメリットと言えるでしょう。

もちろん銀行系のカードローンなどと比べると金利が若干高いなどのデメリットもありますがその分審査も通りやすい傾向にありますし、危険度も高くありません。

なので大手の消費者金融に限ってはお金を借りるという選択肢は十分視野に入れておいて良いでしょう。

ただマイナーで金融業の免許だけ持って違法な金利を請求してくる業者もあるのでそういったところには注意しなければなりません。

綺麗な仮面をかぶった闇金業者ですから。
消費者金融をりようするのなら絶対に大手で銀行の傘下にはいっているところを利用するようにしましょうね。

お金が必要という気持ちはわかりますが業者選びというのは非常に重要なのです。ちょっと焦ったばかりに最悪の結末になったということにならないように注意することが大切です。

最近の金融事情を知るべし

年々、金融事情というものは変わるものです。 分かりやすい例でいえば金利などですね。

その昔、商工ローンなどはグレーゾーン金利(29% – 40%)が横行して、金融業社サイドが勝利を続けていたのですがシティズ判決(2006年1月13日に最高裁第二小法廷)によりみなし弁

済の余地が一切なくなり、その後過払い金返済ブームが起きたんですね。

今では利息制限法の規定の範囲内での金利になっています

元本が10万円未満の場合:年20% 元本が10万円以上100万円未満の場合:年18% 元本が100万円以上の場合:年15%

まぁ融資を希望する人にとってはありがたい話ですが、金利の引き下げによって金融業者が安易にお金を貸せなくなりお金を借りることが出来ないといった現象も生じています。

なぁ金利が高いのは問題ですが貸す側が貸せないようになるのも問題ですね。 丁度良いバランスを見つけることが今後も必要となってくることでしょう。

日本の金利はどうなんでしょうね。他国を見ると面白いです。

ちなみに韓国は年利49%ですからね。(2007年までは66%) でもこれくらいの方が経済は回るんでしょうね。

もちろん弊害が非常に高いのは言うまでもありませんが。

世界の金利を調べたり、金融関連の法律などを調べることは非常に有意義で楽しいですよ。是非とも最近の金融事情をみなさまにも知って頂きたいものです。

金融関連情報をお届けします